自動車を運転する必要性

最近は若者の自動車離れという言葉をよく耳にします。

一昔前までは若者のステイタスといえば、自分の自動車を購入する事で、デートの時などに彼女に自分の愛車を自慢できるように、それぞが
好みのセダンタイプの自動車やスポーツカーなどをローンを組んだりして購入をしていました。

最近では、その傾向が薄れてきたのかテレビでの自動車のコマーシャルなどを見ていても、燃費の良い軽自動車やファミリータイプのステーションタイプ、
または子育て中の家族に向けた自動車などが多く紹介をされています。

それでもやはり自動車の運転免許を必要としている人はもちろんたくさんいます。
これは地域性にもよりますが、都市部など交通機関の発達した地域では自動車を保有していなくても通勤などに支障がありませんし、プライベートのみで
自動車を保有しようとする場合には、居住スペースの関係から一家に何台も駐車スペースを確保する事ができないために、自宅近くの月極駐車場を借りるという
必要もでてきます。
そうなると、地価の高い都市部などでは月に何万円という駐車料金が必要になったりするので、自動車の免許を取得しないという人も増えてきています。

しかし都市部と違い、公共交通機関のあまり発達していない地方などでは、自動車でなければ通勤をする事ができない場所に自宅がある人、または勤務地が
駅から遠く自動車でなければ通勤をする事ができない場所にあるなど、生活と自動車が切っても切れ離せない環境にいる人たちも大勢いらっしゃいます。
そしてそんな地域では就職をする場合にも「普通自動車免許保有」というのが、必須条件となっている会社も多くあります。

そんな地域に住んでいる人たちで高校を卒業して就職をする場合には、通勤のために入社までに普通自動車免許が必要となってきます。

そうした人たちに多く利用されているのが、合宿免許です。
それは高校の卒業式から入社日まで、一ヶ月弱の期間がありますので、その間の期間を利用して合宿免許を利用して普通自動車免許を取得するという事ができるからです。

通勤に必ず自動車が必要という地域に住んでいる人たちにとって、この合宿免許というシステムはとても有効なシステムとなっているのです。